霊芝とは

安全・安心・高品質の霊芝栽培

弊社では、次のような独自の安全基準を作成し、霊芝作りを行っています。

1-ナラ原木

伐採予定の山へ10年以上に渡り農薬散布が無いことを確認すると共に農薬検査を実施する。
伐採原木の放射能検査を実施する。

2-土壌(客土)

ハウス内の栽培用客土に対し、出荷場所の現地調査(田畑等の農耕地は不可)。
搬入客土に対する農薬検査を実施する。

3-水

霊芝菌培養時及び栽培用ハウス内での使用する水は全て水道水とし、井戸水及び農業用水等は一切使用しない。
水道水の検査を実施する。

4-環境

工場周辺の環境調査を実施し、農薬のドリフトによる影響等が無い事を確認する。
放射能に対する検査等も行っている。

5-霊芝子実体

収穫した霊芝子体に対しては次の検査を実施し、合格した規格品のみ出荷する。
○農薬検査(210項目)
○放射能検査
○水分検査
○外観目視検査
○成分検査(ガノデリン酸・β.Dグルカン、他)

日本有数の生産体制

日本一の生産体制

水を吸い上げない時期(12月~2月)に伐採した太さ16cm~22cmのナラ原木(北海道産)を使用しています。
現在、年間2万コンテナの生産実績を持ち、植菌1ヶ月後に培養熟成室へコンテナ移動することにより、最大で3.6万コンテナの生産が可能です。
高品質を維持するため、培養室での品質管理を次の通り徹底しています。

○温度は±0.5℃の範囲内で24時間管理している。
○湿度は±5%の範囲内で24時間管理している。
○換気は熱交換器を通し行い、急な室温の低下や上昇を抑えている。
○場所による環境変化が出ないように培養室全体の均一化が取られている。

また、出荷までの培養期間を最低120日と定め、植菌日はシール(種菌・植菌日)にて確認する。

【検査項目】
◇ナラ原木
― 農薬検査・放射能検査
◇土壌
― 農薬検査
◇水
― 農薬検査
◇霊芝子実体
― 農薬検査(210項目)・放射能検査

分析試験成績表 (財)日本食品分析センタ-

霊芝にとって最も重要なガノデリン酸が200ミリ以上含まれている高品質の霊芝です。

分析試験成績書 画像をクリックすると拡大表示されます。

動画紹介

  • 原木カット~培養

  • 伏せ込み

  • 収穫の秋